バリ島 オゴオゴ+ニュピ+パゲルウェシ 2018

Om swastyustu☆ って何?という方はコチラをクリック♪

妹が初めてのバリ島に!
その為、お姉ちゃんいっぱい計画立てましたYO!
なので、ブログネタは満載!(笑)一週間ずーっと一緒にして本当楽しかった★
ニョマンがきました(3番目の妹)

ペニダ島でシュノーケル&一泊&バイクで島を一周!
素敵なヴィラ巡り♪
テガラランブランコ&ジャリムナリマッサージ★

そして、バリ島のお正月のニュピ。
オゴオゴ。パゲルウェシ。

今日は私の感じた事をざっと忘備録にします。

今日は文章多いです。

 

  1. オゴオゴ時の帰宅は本当大変。
  2. NO wifi 静かなニュピ
  3. パゲルウェシについて(ノートまとめ)

以上の3本立てで参ります♪←

1、オゴオゴ時の帰宅は本当大変

ニュピの前日は、悪霊払いの為、各村々で巨大な人形(オゴオゴ)が練り歩きます。
バリ島の人たちがとっても楽しみにしている伝統行事。

昨年は私の仕事は18時終わり。
なのでバイクでさっと家に帰り、さっとバリ人の友達宅に行けました。

でも、今年は19時上がり。
私の勤めているホテル、住んでいる村では、ちょうど19時からオゴオゴがスタート。
もう必然的に帰る事ができません。。

毎年お世話になっていたバリ人友人宅にも行けず、今年のニュピは初めての一人!

仕事が終わり、帰ろうとすると、もう道は封鎖。
せっかくなのでホテルのある村のオゴオゴをホテルのスタッフ達と一緒に楽しみました!

さあ帰ろ!
でもね。
オゴオゴが終着地の広場まで行進していくので、進めるのですが、ゆっくり。

そして、時には停まる(休憩)、進むを繰り返す。
そんなこんなで道は大渋滞!

やっと抜けた!と思ったら…
今度は、別の村のオゴオゴで道路が封鎖。
村によってオゴオゴのコンテストみたいなのをやってる村もあるので、もう完全に動きません。

そして戻れない。
ココでしばし小休憩。
google mapで見てみたら、ウブドの各所各所で道が真っ赤&真っ黒になっている(渋滞情報)
これは完全にオゴオゴ渋滞です。

観光客であったら、絶対この様な動き方しないと思うのだけれども…

早く帰りたい…。

私の周りのバイクの人たちもなんだか疲労困憊に見えました…。

やっとこさ帰れたのは22時。
19時に仕事が終わって帰宅22時。

 

観光客の皆さん。
本当に道が動きません。
なので、早めにホテルに帰り、徒歩圏内で楽しまれる事をお勧め致します。

今年はウブドの中心地は23時迄動けなかったと聞きました。

でも毎年思う事。

オゴオゴと一緒に鳴らすバレガンジュールは、体中に響いて浄化される感じがします。
あと、子供達とか若者が一心不乱になってオゴオゴを担ぐ姿は、とっても見ていてほっこり。
祭りって良いなぁ。魂の叫びですね!

 

2、No wifi 静かなニュピ

今年のニュピはサカ暦1940年。
バリ島のお正月。ニュピは静寂の日。

火、電気、仕事、外出が禁止されます。
飛行機の発着も止まります。

ニュピの当日は人間は地上に徘徊する悪霊に見つからないよう、
外出せず静かに過ごします。

今年は、なんとインターネットが使えないらしい!という噂があり、
デンパサールの日本大使館からも告知がありました。

私はコレを聞いた時、結構嬉しかったのです。
だって、いつも支配されているから。

このようにブログかいて、ツイッターめっちゃつぶやいている私ですが、
コレを聞いたときに、嬉しかった!(知らぬ間にストレスになっているのかな?)

ここまで強制的に、静かを強いられる事ってない現代。
電気もけして、静かに何かを考える事。
何もしない事ってとっても大事だと思うのです。

私は、ちょっと色々あって、人生の随所に停止の期間が何回かありました。
そのさい、何も出来ない、しない事が苦しかったけど、
あの停止の時期に色々とじっくり考える事ができたのは、
本当に財産だと思っています。

まぁそんな、久しぶりの本当の休日。
ウブドに住んでいると休日は、ガサッガサ出かけてしまうのですが、
今日は絶対にでかけられない。

なので、朝掃除。
4時迄なんか知らないけどネット繋がったから、
NHKの映像の世紀の太平洋戦争の動画を見て、世界に思いを馳せ、
最近の自分の行動をノートにまとめ…

暗くなる前に、お風呂、ご飯、小さな灯りの準備をして、
20時には、満点の星空を眺めて、
もう寝ました。

 

鶏がめっちゃいるので、鶏の声しか聞こえないニュピ。
カーテン全開。ドアも開放して、一日ぼ〜っとしてました。

星空の写真は撮れなかったけど、

バリ島中から光りが消える。
なので星空は山の上に行った時に見えるくらいの
こぼれるような星空、天の川に出会えます。

コレを見に来るだけでもニュピは価値がある。

そして、静かに過ごすという事。
これって最高の贅沢
現代の最高の贅沢なのです。

みんな動きすぎ。停止する事は必要なのです。

3、パゲルウェシについて(ノートまとめ)

今日は、パゲルウェシ(Pagerwesi)というバリ島のお祭りの日。
私個人的にちょっと説明が難しいお祭りの日だなぁと思ったので、
忘備録にノートまとめします。

パゲル(鉄)ウェシ(柵という意味。

「地球の祝い」の日とも言われ、
バリ島ではガルンガン•クニンガンについで2番目に大きなお祭り。

シガラジャ方面では、ガルンガンよりも大切な日であるとの事。

パゲルウェシ(鉄の柵)は神々が私たちの生活を邪悪なものから
守ってくれる物で、その事に感謝する日。

この世の中の全てのバランスが保たれ、
世界、調和、が神によって守られるようにと、供物を寺に供え、祈る日。

心身を強靭にする為に、瞑想をする日とも言われる。

知恵、健康、食べ物、衣服、貴金属などに感謝を捧げ、
そしてそれら全てを含んだ人間の生活と宇宙の調和を願う日。

人間を構成する5つの要素、「火、水、土、風、空」に対して
お供え、セレモニーは一緒に夜に行われる。

 

日本語が話せるバリ人の友人に聞いてみたら、、
「…なんだろう。ワタシワカラナイ」とかえされました…(苦笑)

色々調べてみると、一言では説明出来ないお祭り。
調べてみて、考えられる私の解釈では(間違っているかもしれません)

 

私たちを守ってくれている神々、全ての物に感謝の祈りを捧げる日
全ての物に感謝の祈りを捧げる日。
バランス、調和を願う日。

善と悪はどっちが勝ってもだめ。
バランスが大事。
コレはバリ人の皆が言う事です。

これは孔子のいう中庸なのでしょうか。

バロンとランダはずっと戦い続ける。
でもどちらが勝つ事は決してない。

世の中は調和。バランスが大事。
そしてそのバランスによって私たちは守られている。

全ての物に感謝する日。

それは、本当に大事な事。
私が生きていられる事、
勝手な解釈かもしれないけど、今日はちょっとだけ瞑想しようと思う。

 

 

ポチッとして頂けたら励みになります♪
最後まで読んで下さりありがとうございます!

◎creemaにて現在は休業中◎
https://www.creema.jp/c/yucco

◎フリマアプリ「メルカリ」現在休業中◎
メルカリyucco

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す