バリ島東部 バイクde1周 いきあたりばっ旅 その1 テジャクラ〜トランベン

Om swastyustu☆ って何?という方はコチラをクリック♪

バリ島での仕事を辞めたらやりたい事があった。

それは…

バリ島をバイクで一周する事

ただ、やっぱり一人は寂しいので誰かと行きたかった。

そんな事を話をしてたら、バリ島ウブド在住20年のCさんと一緒に行く事に!
彼女もずっとそんな夢を抱いていたそうだ!

計画をたてる時に、
やっぱり各所見所がある。ひとまずバリ島1周を分けて行った方がいんじゃない?という事になり、
まだまだ未開の地でもある(観光地化されつつある)バリ島東部に1周をする事になった。

 

バリ島東部は、スピリチュアルスポットもいっぱいあり、
私の気になっていた白い鷲伝説のトランベンもある。(後に記述します)

 

なにより何にもなく海しか無い静かな場所に強烈に魅かれていたのである。

そんな中こんなルールを決めました

 

 

スポンサードリンク



旅のルール

  1. 計画は詳しく決めない(宿もその日に決める)
  2. 予算は一人2juta(現レートにて約15000円)
  3. 宿の値段は1泊IDR400,000くらいの所
  4. 気になった場所では立ち止まってもいい
  5. 4泊5日くらいで帰ってくる予定

こんな感じで

10月某日。9時にウブドを出発しました!

 

ルートはウブドから北上してキンタマーニ高原を抜け、

バリ島を右回りに抜ける感じ。

とりあえず、テジャクラをめざしてレッツゴー★

バイクで走行距離約200kmの旅

★1日目★ウブド→テジャクラ(走行距離64km) 道草など込みで所要時間約3時間30分

ゆっくり景色を楽しみながら行くのも兼ねていたので、

時速40kmくらいでゆっくりゆっくり北上★

 

 

荷物は極力少なく…!バックパック1個!

この時は全く気付かなかったけど、出発時点で、バイクの後輪はもうバースト寸前だったみたい…
よく何もなくバリ島東部回れたなぁ…と。。。。。

行く前に実は、何事もありませんように…とバイクをレイキヒーリングしていた私…(私)

 

変わりゆく景色を楽しみながらのキンタマーニ高原越え

キンタマーニへの道はいつもの王道の道を避けての走行!

タロ村を通っての北上しました(バグスジャティのある道)
この道には私のバリ人の友達のチトラの家の前を通って行くので寄って会えたら良いな〜と思っていたのと、

景色が綺麗なので、この道をチョイス!

 

走行中に、バグスジャティに勤めるYさんに話しかけられ、
バグスジャティにちょっと寄りジュースも頂いてしまうという旅の醍醐味も発生!(笑)

私は彼女とは初対面。
でももう私がホテルを辞めたという情報が広まっていた…(噂ははやいね…まだ辞めて2日目なのに)

 

どんどん北上し、空気がドンドン冷たくなる。
そして、一気に視界が開けたらキンタマーニ高原。

ココまでは来た事があるけれども、ここから先は未開の地!
キンタマーニ高原のカルデラを右周りに。
そしてバトゥール寺院を抜けて、シガラジャ方面へ行きます。

 

分岐点分岐点でグーグルマップ先生にたより…
道がちょっと分かりにくく、標識もテジャクラ方面はあまりでておりません…

そして、道がメイン道路ぽくないので、
見逃してしまうと、シガラジャ、ロビナ方面へ言ってしまう危険性があるのです。

キンタマーニ高原を越え、
後は降りる下りの道続き。

植物はぶどう畑もあり、普段ウブドでは見ない植物の変遷は、
とても目の見張る物でした。

そして、下って行く際の遠くに見えるでっかい海!
そして背後&左右に広がる山々のでっかい屋根!

 

これは、「ここはバリ島なのぉぉぉぉ!?」

と思わせる壮大っぷりでした。
普段ずっとジャングルのなかウブドにいたので、
本当に不思議な気分だった。

下るに連れて、空気は冷たいものから暖かく、そして熱く変化していった。

それにしても!急な坂のオンパレード!

 

Cさんのエンジンブレーキに不具合が生じた様だけれども、
そのおかげで運転技術は上達下との事です…!

 

途中ガソリンを入れたり、して停車をしたモノの…
いろんな感情、感覚に夢中になりすぎて写真を取っていません。

 

ずっと座りっぱなし&バイクの振動でお尻がイタイ…。

 

到着してすぐに食べた10,000RPのバクソは美味しかったな。

テジャクラ到着

本当に何もない。街のみ。
噂によると、ココは知る人ぞ知るスピリチュアルの地でもあり、
欧米系のヒーラーさんやヨギーニ達が集う施設も点在してます。

 

さて、宿探し!
色々物色。聞き込み。うむむ。

そんな時は、アゴダ!ココから予約はしないけど、情報を得るのによいのです。
アゴダの情報のなかで低価格なのに、口コミがよいvilla selinaに行ってみる事に!

私たちの宿の条件には

  1. 宿からの眺めが良い事(今回はパノラマビュー)
  2. ツインベット
  3. 1泊1部屋400,000rp

という条件もあったので、早速、部屋&景色を見せてもらい、

ファミリータイプの部屋の片方のツインベットのお部屋を使わせてもらう事に…!
価格交渉して1泊朝食付にて300,000RP!予算はかなりクリア*

※この値段は時期にもよります。インドネシア語が話せるというのも色んなシチュエーションがあってのお値段です。

アゴダからでも十分お安い。

お部屋も清潔で、水回りもグッド。
お湯シャワーもしっかり出ます!
リビングルームも充実でフリードリンク(コーヒー紅茶、お湯もいつでも出ます)

スタッフさんもとってもフレンドリー*
そして何よりも静か。波の音しか聞こえない。
ビーチへも簡単に行ける。そこから見えるのはバリ海だ。

プールは真水!
お庭がとっても素敵なの。

12時半にはチェックインして、ここでずっとのんびり。

ビンタンビールを飲む。海を眺める。
昼寝する。Cさんと話す。

どこにも出かけずにのんびり過ごす。
鳥のさえずり、ヤシの実の触れる音、波の音。
何にもしない贅沢。
コレが今回の旅の目的でもある。

「のどかやのよ〜」

とずっと言っていた気がする。

 

夕飯もこの宿で頂く事に…★
マヒマヒのカレーは美味しかったし、

2日前まで休みなく働いていた私!お疲れさま〜
とCさんと一緒に旅の始まりを乾杯しました。

 

朝日も綺麗

 

5時起き。そして朝日を見に。すぐに見に行ける朝日。
夕日の様な幻想的な色合い。
きっと昼間から寝ていたらこの景色をみたら夕日と勘違いするだろう。

 

 

しばらくすると梅干しの様な?(表現悪い?)太陽がジリジリを上がってきて…
一刻一刻変化する光に追いつこうと感覚を最大限に研ぎすませた。

 

太陽から私たちだけを照らしているんじゃないか!?という言うくらいの
光の道はとても美しかった。

 

 

朝のお庭。
5時起き。7時の朝食が待ち遠しい〜
お庭でのんびり過ごしました。

 

テジャクラのこの宿の一押し飯。

ポテトケーキ 30,000RP

ジャガイモをふんだんに使ったこのポテトケーキ。量もGOOD
ネーミングもイケテるし、味も美味しい。

みんなも食べてみて。私はコレだけ食べにテジャクラのこのヴィラに泊まりたい。
美味しすぎて私は夜&朝食にも追加で頼んでしまった(笑)
Cさんはずっと笑っていた。

 

あと、ちょっとツボに入った伝説の卵。(ただの爪楊枝入れ)
なんだか気に入った。
この間クタで160,000RPで売っていたぞ。

 

とっても気に入ったテジャクラの宿、ヴィラ セリナ ※ブログ最後に情報乗っけてます!
オーナーさんはオーストラリア人の旦那さんとバリ人の奥さん↑。
セリナは娘さんの名前なのだそうです。

夜はにゃんこがうるさかったけど、とってもクオリティ高い素晴らしい宿でした!

また来たい!

 

★2日目★ テジャクラ→トランベン(走行距離40km)込み込み所要時間1時間30分

朝5時起き、9時or10時出発は今後の流れになりました。

テジャクラからトランベンへの移動はひたすら、一本道を右回りに移動するだけ。

右側に見えるキンタマーニ高原の山々のでっかい屋根に圧倒され、
私と時折、右側をチラチラ見ながら自然のでっかさに圧倒されていた。

 

なにかの養殖場もあり、ここの道もただ無心に走り続けた。
トランベンの標識もなかなかなく、
通り過ぎないようにグーグルマップが頼りだった(現代っ子だよね)

 

1時間くらい走ったころ、右側にはでっかいアグン山
とても綺麗で壮大。一度止まろうかと悩んだけど、またあるだろうと思いつつ取る事ができなかった。
景色もまた一期一会である。

 

やっとたどり着いたトランベン!

実は私ずっとトランベンに行きたかった。

なぜかと言うと、「白い鷲伝説」をひょんな事で知ったからだ。
私は以前セラピストもやっていた。
スピリチュアル能力が高い友人のマッサージをして終わった時に、

「ユキコちゃんにマッサージされていた時に白い鷲の様な物が見えたんだけど…バリ島にいる?」
と聞かれた。

またあるヒーラーさんに、ヒーリングしてもらった時も、
あなたに白い鷲のような物が見えましたが、バリ島にそういうのはいますか?
と同じ事を聞かれたのだ。

気になって調べたら多い情報ではないがそんな伝説があるらしいとこの地がトランベンが出てきたのだ。

 

結論!
ここまで盛り上げといて恐縮なんですが、
聞いてみたけど、特にありませんでした〜★笑

特に、何も感じず楽しく過ごしました!笑 きっと別の場所かな?
私から見える白い鷲の様な物はバリ島のどこなんだろう???

素晴らしいパノラマシーヴューの宿★

トランベンに着いたのは朝の11時半くらい。

 

目星の宿に行ってみて早速、値段交渉!

トランベンはダイビングの有名ポイントでもあります。

ビーチから簡単に沈没船スポットにエントリーでき、
シュノーケルでも沈没船が見れるとの事で、

この宿はダイビングもできるし、シュノーケルもすぐ近くにあるとの事、
何より、大パノラマビューである事が大きな理由でした!!!!!

 

パラダイスパームビーチホテル★
このホテルはアゴダより安く値段交渉できなかったので、その場でアゴダで予約。
でもその場で部屋を見て決める事ができるのは大きいです!1泊1部屋約400,000RP!

 

 

日帰りでダイビングツアーも受け入れている場所でもあり、
部屋は清潔でレストランもグッド★
お湯もしっかりでます★
偶然でしたが、日本人オーナーさんの宿でした!

 

 

私ココで大パノラマビュー&海の風を感じながら昼寝しっちゃたもんね〜★

 

 

シュノーケルキット120,000RPを借りて、
私は、すぐ目の前のビーチから沈没船リバテイ号をめざして泳ぎました!
たくさんのお魚もいて、ちょっと感動!

 

 

沈没船は本当にビーチ沿いから20Mほどの所にあり、
ガイドさんとかなしでも、自分で泳いで行けます!

 

 

見つけた時は「うわぁぁぁぁっ」て言ってしまった!
どうやらこの船。第二次世界大戦中アメリカ軍の貨物船で日本軍が沈めたんだって。

ダイビングだともっと下まで潜れるし、朝だとほぼ100%の確率でカムリブダイにあえるらしい。

 

ナイトダイビングもでき、あとこの周辺でギンガメアジのトルネードも見れるって!
あとウミウシの宝庫との事!

 

初心もOKな場所見たいです。今度はダイビングしにきたいな〜
その後も、夢中になって海で泳いでました。

 

その後、プールで泳いで、ビーチベットにて昼寝。
レストランにてご飯。

 

ココも午後は寝たり、泳いだり、食べたり、話したりしたり、
のんびり。
黄昏も楽しみました。

 

 

ご飯達〜★
ここでマイク笑というここの3週間滞在しているおじいさんに絡まれ(笑)
素敵なパノラマビューの滞在でした。

 

 

トランベンの朝日。
でっかく広大なパノラマな海。
美しい、でっかい魚達。
歴史感じるロマンある沈没船。

2日目なのにすでに盛りだくさん…

 

何もしてないけど、大自然にお腹いっぱい。

そしてぐっすり就寝。

旅はまだまだ続く…!

その2に続く…!

バリ島東部 バイクde1周 いきあたりばっ旅 その2 アバビ村からシドメン村

 

お世話になった宿達♪


villa selina テジャクラの宿

 


パラダイス パームビーチ バンガロー トランベンの宿

 

ポチッとして頂けたら励みになります♪
最後まで読んで下さりありがとうございます!

◎creemaにて現在は休業中◎
https://www.creema.jp/c/yucco

◎フリマアプリ「メルカリ」現在休業中◎
メルカリyucco

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す