シンギングボール(チベタンボール)について

シンギングボールとの出会いは、上野の東京芸術大学の美術学部内にある、
大学美術館でした。

 

ちょうど法隆寺の展示物が開催されており、物品売り場に、シンギングボールが置いてありました。

 

なんだこれ?鳴らしてみよう。
ごく普通の好奇心。

 

仏壇の「鈴 りん」のようにチーン、と鳴らしていたら…

 

販売員のおじさんが、でてきて
「違います。こうするんです。」

 

シンギングボールを唄わせてくれたのです。
唄わせるというのは、スティックをシンギングボールの縁にそってこするように回すのです。

 

そうすると、倍音というか、音の小さな振動のような不思議な音が響く。
その瞬間もう、ビリビリきました。

 

「これお家に欲しい。」

 

ちょうどバリ行きが決まっていたので、
きっとバリに絶対売っているはず。と調べもせずにそう思い、
欲しい気持ちを抑え、上野を去ったのを覚えております。(笑)

 

シンギングボール(チベタンボール)って何?

シンギングボウルは、インド、ネパールを中心として、癒しの道具として人気が高まっているアイテムのひとつです(ヒマラヤ・ネパールではドニパトロとも呼ばれることがあります)。シンギングボウルの音色は、深く低く、そして、徐々に波打つような倍音となり、その内からなる響きは、わたしたちを心の平穏へと包み込みます。

シンギングボウルの美しい倍音は、魂を研ぎ澄ますため、また、心と共鳴する手段として、また、人々の心を癒す音色としてなど、さまざまな目的で親しまれています。今では、リラックスした時間を楽しみたいときや、ここ一番の集中力を高めたい場面など、日本を始め世界中の人々に利用されています。

古来より、人間と音とが調和することにより、いつでも、どこでも、強い精神を保つことができるといわれています。時として不安な気持ちを、幸せな気持ちに、そしてゆったりとリラックスした空間へ、私たちをみちびいてくれるものです。出典:http://www.amanamana.com/item/singingbowl2.html#pt1

 

響きが身体の中を巡り、その振動が本当に気持ちいいのです。

チャクラ毎に対応した音のシンギングボールもあるので、チャクラの調整にも使っていたりします。

チャクラとは…こちらへ

 

S__24297490

 

 

こちらは購入したシンギングボール!
焦げ茶色のは、第6チャクラ(第三の目)の音、ラの音のシンギングボール

奥のシンギングボールはマレーシアのチャイナタウンで購入した物です。
第4チャクラ(ハートチャクラ)の音、ファの音のシンギングボール

 

でも、唄わしてみて一番気持ちいいシンギングボールを選ぶ。

iPhoneのアプリで音合わせのチューナーをダウンロードして調べながら、購入!

 

やっぱりバリ島にありました!in ウブド

S__24166440

 

バリで買う気まんまんで来たけれど、情報があまりなく。
知らない人の方が多く、なかなか難しかったのですが、
でもスパスクールの友達の情報で、ウブドにありました!お店!
「ウブド行ったときに、そんなようなのが一杯あったお店みたよ?」と!
BAGUUUUS!

デウィシタ ストリートにあるTHE PURE LAND というお店です。

ブルーストーンのアロマのお店の近くです!

 

S__24166439

うわーたくさん!

自分に一番響く、気持ちいいシンギングボールを捜す。
私の購入した焦げ茶のシンギングボールは800000RP(約8000円)でした!
日本で購入すると、2万くらいしちゃうもんね…!

友達のKさん!
サロンでシンギングボールセラピーも行っており、第一チャクラ対応の大きなシンギングボールを捜しているところです!

 

S__24166441

他にも仏具が一杯売っておりました。

 

このお店は、クタにもあるようです。

Himalayabali ←一応HPみたいですが、エンター押しても進みません…(苦笑)
THE PURE LAND GALLERY
Jl.Dewi sita ,padang tegal laja UBUD
0361-970672

 

 

 

マレーシアに言った際に驚愕したのですが、
マレーシアのチャイナタウンにあるシンギングボールのお店…
かなーり安かった…。

 

また後ほど記事にします!

 

 

 

 

 

ポチッとお願いします☆

人気ブログランキングへ

 

creemaにて現在ピアスのみ販売中です*
https://www.creema.jp/c/yucco

フリマアプリ「メルカリ」でもハンドメイドアクセサリー販売してます
メルカリyucco

スポンサードリンク


スポンサードリンク


 

コメントを残す