MENU
下垂体腺腫-闘病記録日記-

(7) 【人生初めての入院手術】下垂体腺腫入院1日目 2011年11月7日

Om swastyastu☆ って何?という方はコチラをクリック♪

今から10年前になりますが、
私は、
下垂体腺腫プロラクチン産出生性腫瘍)の手術をし、
現在、その後特に副作用もなく
元気いっぱいに過ごしております。

なんでこの過去の事を書こう
と思ったのかは以下より↓

(1) 下垂体腺腫-闘病記録日記-Om swastyastu☆ ↑ って何?という方はコチラをクリック♪ 今から10年前になりますが、 私は、下垂体腺腫プロラク...

少しでも下垂体腺腫や何かの闘病をしている人の参考になればと思い、
アメブロに書いた内容をちょっと編集、
解説入れて&並び返してこちらに記載していこうと思います。

書いてある内容により
(つぶやきのみ、泣き言のみの記事はカットしております、泣き言をご覧なりたい方は、下記のアメブロよりどうぞ)
時系列が前後している場合もございます。

元ネタはアメブロより
日々の泣き言など(笑)
カテゴリー:下垂体腺腫左矢印こちらにて記録しております。

yucco
yucco
いよいよ、待ちに待った手術入院です。
初めての入院&手術。

手術する。あとは神様にお任せ。
と覚悟を決め、腹を括ったら、なんだか知らないが、
気分が高揚し、ワクワクしていた記憶があります…

何事も楽しまなくっちゃね!(と思っている)

当時の私の仕事は
医療機器の業者で営業をしておりました。
取引先は、主に大学病院etc..名大はなんと営業先でした!
ペースメーカー、心臓カテーテルなどの循環器系の医療機器をドクター&病院へ営業しており、主にオペ室に出入りしているちょっとディープな仕事でした。

下垂体腺腫入院1日目 2011年11月7日

一日の流れ

入院受付

病棟に移動

部屋とベットの案内

担当看護師さんから病棟の案内

採血。五本

担当の先生挨拶
研究の先生達挨拶
麻酔の先生挨拶?
なんかいっぱい先生達が挨拶?

採血追加 、尿検査

お昼

photo:01

(名大のご飯はA、Bと献立が分かれていて、端末機で希望者は好きな方を選べるという
画期的なメニュー。食いしん坊の私は、毎食事が楽しみでしょうがありませんでした 笑)


レントゲン
頭、肩、胸

心電図
肺気量
体重、身長

眼科検診
視力、眼圧などなど検査
視野検査
診察

主治医の永谷先生からの手術の説明

夕飯は6時

photo:02



10時消灯

入院受付は10時までみたいだけど,
なんという人!いっぱいです。三十分くらい待ちました。

病棟の部屋は四人部屋
術後は術後室と呼ばれる個室に移動するみたい。

液晶テレビに冷蔵庫、
荷物棚ととても私には快適に思えた(笑)

photo:03

病棟の紹介。
お風呂もちゃんとあるのねー!

病室に着いてから、何人もの先生が挨拶にきて、経緯と病状説明。
研究の協力を求める同意書だったり、なんらかの同意書だらけ。
研修医さん?研究のお医者さん?麻酔の先生?オペ室の看護師さん?

恐らく二十人くらいは挨拶に来てくれました(笑)
そう私は立派な研究材料!でもそれで助かる人がいればいいんです!

学会に使われたり、なんかの医療界の雑誌にのったりするらしい!
その時は是非見せて欲しい。という同意も書きました。

検査はレントゲン
パチパチと。

心電図。
職業柄、メーカーを調べる。
フクダ電子なのねー!

肺活量。
初めてはかりましたー!

検査担当のお兄さんがめちゃくちゃ面白かった。
とてもlowテンションなのに、

「はい、思いっきりすってはいてくださいねー、はい、すってすってすってーさんはい!で思いっきり吐いてくださいねーさんはい!

『ひゅうううー!‼‼(お兄さん絶叫)』

私「⁉」

あまりにびっくりしすぎて、吐いたけど、笑ってしまい息が続かず、やりなおし。

同じやりとり。(笑)

お兄さん「はいてーもっともっとはいて!まだまだまだ!はいおわりー」

くるしかった(笑)
lowションなのに,言動が激しいお兄さんでした。

眼科検査
メガネとか作る時にする検査は一連。

もう一つは
視野検査は。

真っ暗な部屋で、大きな白い球体を半分に切ったような物の前に座り、
片目ずつ、光が見えたらボタンをおすというもの。

下垂体の場所は視神経にも近い為に、術前と術後の視野の確認です。

術後に看護師さんから『視野や視界に問題はないか?』よく聞かれました。

あとは病室に戻って、
同意書や一気にもらった書類等を読んでました。

そうそう、
鼻の穴に内視鏡をとおすので、
手術まで、鼻の中に塗る薬
全身麻酔の時に口から気管支にかけてチューブをいれる時のために、
食事後うがいをするようにイソジン処方されたよ!

食事は薄味で、野菜魚中心でヘルシーで私は結構気に入りました。

ベットは硬くてあまり熟睡はできなかったけど‥

そうそう。同じ病室のおばさんが話掛けてきました。

聞くと、明日手術だそう。
覚悟してたけど、怖くてと。手がブルブルと震えてました。
今日頭の毛を全部剃った時に涙が溢れたと。

私は明後日だが、まだ実感がなく、
その人が緊張している気持ちにうまく答える事ができなかった。

開頭手術って本当に怖いだろうな。

隣に頭を剃った女の子がいた。

yucco
yucco
みんな戦っているんだ

一週間後そのおばさんとまた同じ病室になって、
手術は成功し、元気に回復して、一緒の日に退院して行かれました。

どうやら、
頭に電極を埋め込んで、普通に歩けるようになったと言ってました。

世の中にはまだまだ、知らないことがいっぱいあるんだな。

次の日私は、
自分の手術に使われる
脳内ナビゲーションシステムにとても驚くことになる。

 

 

よりリアルなバリの事はツイッターでつぶやいています♪
Twittwe ID : @Wn_yucco

ポチッとして頂けたら励みになります♪

最後まで読んで下さりありがとうございます!
◎私がバリ島で惚れ込んだ物をネットショップして販売中!check↓◎

スポンサードリンク



スポンサードリンク